ドキュメント

神戸新聞、2015/1/25掲載

  • 2015/01/15

前香美町長の長瀬氏
県議選立候補へ
​美方郡選挙区

4月12日開票の県会議員選挙で、前香美町長の長瀬幸夫氏(75)香美町村岡区=が24日、美方郡選挙区から無所属で立候補することを表明し、記者会見を開いた。県政をより身近にすることや地域の産業振興などを訴えていくという。

長瀬氏は旧村岡、香美町議を4期務め、2009年の同町長選で初当選。13年4月の同町長選で敗れている。

長瀬氏は「県政を通して産物の消費拡大や交流を図る」と強調したほか、「県政報告会を旧町ごとに年2回ずつ開催する」と訴えた。政務活動費などは『さらに削減すぺき』とした。当選した場合は無所属で活動する方針で、「但馬や美方郡ではアベノミクス効果が出ておらず、高齢者や中小企業の負担が増えている」とも話した。

同選挙区では、現職の上田良介氏(64)=同町香住区=が自民党の推薦を受け無所属での立候補を予定している。

(小日向務)